ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので良かったらポチッとお願いします♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

2017年01月09日

超低金利!楽天銀行(フラット35)ローン借り換えA 〜手続き編〜

あけましておめでとうございます!
今年も細々と更新して行きたいと思いますのでよろしくお願いします(^^)

新年最初の更新は・・・年末のドタバタの中慌ただしく行ったローンの借り換えについて第二弾です!

ローン借り換え。
我家はもともと楽天銀行のフラット35でしたが、現在金利が下がっているので借り直した方がお得ですよと銀行から連絡を受け、楽天銀行のフラット35から楽天銀行のフラット35へ借り換えを行いました。

同じ銀行で同じ商品への借り換え・・・素人には良く分かりません(笑)
だったら途中で金利変更してくれたらいいのにって思うのが素人意見です(−−;
まぁ大人の事情でそういったことは出来ないんでしょう。

借り換え、要するに新たにローンを組んで古いローンを完済するってこと。
新たにローンを組むからその時の金利が適用されるってことですね。

借り換えと言われるとそう言った仕組みを想像しないので、正直私はそんな大変な作業じゃないと思っていました。
が、借り換えって何度も言いますが、結局ローンを新規で組むので最初にローンを借りた時と同じだけの手間と時間がかかります(−−;

長くなるので今回は詳細までは書かず、どう言った手続きをしたのかその作業だけご紹介したいと思います。

1.楽天銀行はネット銀行なのでネットから借り換えの申請をします

2.仮審査でOKが出るとネットの申し込みを元に正式な申込書が届きます。

3.申込書の他、口座関係の書類や同意書などに自署し、土地、建物の登記簿謄本、住民税の通知書、源泉徴収票と共に返送します。

4.申込書が受付られると本審査に入り、本審査が通ると最終確認の契約書が送られて来て、本人(連帯債務者や担保提供者がいる場合はその分も)の自署と実印の押印、印鑑証明、住民票を提出します。

5.抵当権の抹消、登録の手続きを司法書士にお願いします。楽天銀行の場合は楽天銀行が指定した司法書士にお願いします。その際には土地建物の権利書、(連帯債務者や担保提供者がいる場合はその分も)印鑑証明、抹消、登録各手続の際に使用する委任状などにそれぞれが自署、実印を押印します。

6.手続きは以上で終わり、融資実行日に楽天銀行口座に融資金が振り込まれ、数時間後に今までのローンの完済手続きが自動で行われます。
同じ銀行から同じ銀行だとこの手続きを銀行側で処理してくれるので楽でした(^^)

流れだけ書くと簡単そうな感じですが、郵送でのやりとりなので各手続に時間を要します。
融資実行希望日の何営業日前までにとの指定があり、年末までに融資実行したかった我家は焦りました(^^;
最短で手続きを行って来ましたが、書類に記載されてる期日にはどう見ても間に合ってませんでした。
が、そこはちゃんと年末中にと銀行側にお願いしていたため最短で作業を進めて行ってくれたので融資自体はしてくれました♪

ネット銀行は直接会って話せないのでフリーダイヤルの相談窓口が命でした。
急ぎの場合は特に疑問に思ったことや不確かなことは何でもちゃんと聞いてから手続きしないと、書類の書き直しなど大変ですからね(−−;

申込書書く、実印を押す、登記簿謄本、印鑑証明、住民票の取得、書類の郵送手続き。
実際にやることはこれだけですが、面倒くさがりな私は慣れないことにてんやわんやでした。

もうこんなことしたくないと思った1か月でした(笑)


posted by marimo at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・申請関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。